プロフィール

アトリエ・アコ主宰 近藤 敦子 

グラフィックデザイナー 女神ワーカー ヒーラー 
シャーマン 錬金術師 スピリチュアルカウンセラー
 
子供の頃の夢は魔法使いになること。
商社勤務を経て結婚後、音楽教室での指導や
婚礼など演奏の仕事に携わり、2000組以上を担当する。
2006年不思議な体験がきっかけとなり、
スピリチュアルに関する学びを始める。
2011年ヒーリングサロン「シャイニーブーケ」を開業。
2013年リーブスインスティチュートの研修のため、ロンドンに滞在。
2014〜2019年 リーブスインスティチュートのトレーナーとして活動。
サロン開業以来1,000人以上の方に、もっと自分らしく
今よりも生きやすくなるためのお手伝いをさせていただく。
ヒーラーとして活動しながら、グラフィックデザインを学び
スピリチュアルな視点とデザインを融合した「Atelier Aco」を開く。
 

自分の目指す方向を見つけた時、その方から強い光が広がる瞬間があります。
誰かが本来の自分になっていくプロセスに立ち会う事、今よりもっと幸せになるポテンシャルを見出すことに、私はワクワクします。
 
セラピストの方とお話をすると、オフィシャルなホームページが欲しいけど
自分で作り方を調べるのは大変、作る時間が取れない、という悩みや
仕事が大好きで、優れた技術や知識も経験をお持ちなのに、自分をうまく発信したり表現するのが苦手、と悩む方が多いことに気づきました。
セラピストの方が本領を発揮できるようなお手伝いを、デザインを通してできないかな、次第にそう願うようになりました。
 
私は写真を撮るのが好きで、デザインに興味がありました。
『スピリチュアルな視点とデザインを融合したい。』
その思いが大きくなっていくタイミングで、M&Mのデザインプロコースを見つけ、自分の直感のgoサインに従って参加を決めました。デザインの理論からクリエイティブの実践をみっちり学び、後半にはブランディングの学びが加わる1年半を終えた時、受講前には漠然としていた望みの方向が見えて来ました。

 

 
 
『セラピストが作るグラフィックデザイン』をライフワークに、楽器から紡ぎ出される音の波動のように、心の奥深くで大切な何かが目覚めるデザインを制作したい、バイオリンの画像はそのイメージで作りました。
 
ご自身の活動基盤となるホームページ、ロゴや名刺などの、
セラピストの方にとって、あるといいなと思うけど、
自分で作るのはハードルが高いと感じるところや
自分らしく自由に表現するためのお手伝いを
お任せいただきたいと思います。
 
 
私は感覚的な表現や、文字を活かしたデザインも好きです。
このサイトをご覧になり、何かを感じて下さった方は
どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

     

PAGE TOP